銀行預金の探し方

銀行預金の探し方で、預金通帳が見つかったら、その通帳を発行した銀行に口座があるというのは確かです。

ただし、通帳に印字されている金額が口座にあるかどうかは確かではありません。

通帳記帳した後にキャッシュカードで引き出しているという場合もあります。

ですから、とにかくその銀行へ行き、記帳をして実際の残高を確認します。

残高証明書を出してもらうこともできます。

このとき、必ずしも通帳に書かれている支店でなくてもかまいません。

預金はもっとあるはず、見つけた預金通帳の口座以外にも別口座があるかもしれない、などという疑いがあるなら、その銀行で「名寄せ」を依頼することができます。

「名寄せ」とは、ある口座名義人が、その銀行で開設している口座と預入残高のすべてをまとめて記録するという作業のことです。

預金には、普通預金、定期預金などさまざまですが、預金の種類を問わず、全支店分洗いざらい出てきます。

さらには、投資用の金融商品でも、同じ銀行に口座がある限りいっしょに出てきます。

ただし、即座に、とはいかないようです。

「名寄せ」を頼むには、相続があったこと、相続人であることを証明できる戸籍謄本や本人確認のための免許証などがを持って行かなければなりません。

さらに、ここで銀行が口座名義人の死亡を知ることになるので、口座が凍結されて預金が引き出せなくなることにも注意が必要です。

当然ながら、この「名寄せ」では、他の銀行のことまでは知ることができません。

もし、通帳は見つかっていないがほかの銀行にも口座がありそうな場合は、見当をつけた銀行に出向いていって、同じように「名寄せ」を頼んでみるという方法しかありません。