株式の探し方

株や債権といえば、自宅の金庫の中にどっさり紙束が積んであるというようなイメージがあるかもしれません。

しかし株や債権は、通常、それを購入した証券会社や信託銀行にそのまま預けています。

そして、株と一部の債券は証券会社や信託銀行からさらに「証券保管振替機構」(通称「ほふり」)というところに預け替えられています。

そうして、株や債権の売り買いは、その証券会社や信託銀行に設けた取引口座間の振り替えで行い、代金を決済して、名義を移すだけになります。

いちいち現物を引き渡すようなことはしないのです。

ですから、家の中で探すとしたら、次のようなものになります。

・証券取引口座開設案内所・約定書
・株売買の取引報告書
・取引残高報告
・発行会社から株主への業務報告
・発行会社の株主総会の消臭通知書

ネットでの取引は、取引報告や残高報告などはパソコンの中にデータとして存在し、紙の文書では残っていません。

取引のあった証券会社を突き止められたら、亡くなった人がその証券会社に持っていた口座を、「名寄せ」ですべて洗い出すことができます。

また、株を持っていれば株主なので、その株の発行会社からは事業報告書や株主総会の招集通知書などが届きます。

相続人への株の名義変更は、上場会社の場合は株を買った証券会社を通じて行えるのですが、非上場会社の株は、その会社に連絡して、株主名簿の名前を書き換えてもらいます。

債券(国債・地方債や社債)も、亡くなった人の家に債権証書そのものがあることが稀で、それを購入した信託銀行などで保護預かりになっている事が多いのです。

債権の保護預かり通帳や債券の取引残高報告書や利払い報告書を探しましょう。