不動産の探し方

相続財産を探す場合、遺言書や書き置き、各種証書や文書などを調べて整理していかなくてはいけません。

比較的まとまった金額になるのは不動産(家と土地)です。

不動産を持っているなら、それを登記したときの権利証(登記済証)があります。

家を建てたときにする登記(保存登記)や、家・土地を購入したときにする登記(移転登記)で、そのときの登記申請書に「登記済」の印を押して返されたものを「登記済証」といいます。

「登記済証」は「権利証」とも呼ばれ、その物件の権利を持つことの証明資料として使われています。

売買で物件の所有名義を移すときには、「登記済証」を登記所(物件所在地の法務局)に持って行かなければいけません。

この「登記済証」には、その物件の所在地や所有者が誰であるかが書かれているので、物件調査の何よりの手がかりです。

「登記済証」のかわりに「登記識別情報」がある場合が増えています。

現在、全国の法務省(登記所)ではコンピュータ化が完了しているのですが、コンピュータ化された登記所で新しく登記をした場合は今までのような「登記済証」は渡されません。

かわりに「登記識別情報通知」という、英字と数字の番号が書かれた紙のカードが交付されます。

意味合いは「登記済証」と同じです。

新しい方式に移行された登記所においても、すでに交付されている「登記済証」は有効ですから、そのまま使うことができます。

借地権・借家権には、その権利の存在を示すものとして「賃貸借契約書」があります。

ですが、仮に契約書が見つからなくても、権利は消えません。

高額な保証金を納めている場合があるので、貸主側が保存している契約書などを確認しましょう。